2010年01月20日

WBFS Managerの導入方法




WBFS Managerの導入方法

2010y01m24d_170220081.jpg

・WBFS Manager とは、HDD等の大容量デバイスにバックアップしたWiiのイメージファイル(正規ソフトから吸い出したISO)を管理、操作するソフトです。基本PC上の操作になります。

【特徴】
・HDDをWii特有のWBFS形式にフォーマットできる。
・ゲームのパッケージ画像を自動でダウンロードする。

【用意する物】
・WBFSManager3.0.1-RTW-x86.zip(本体ファイル)
・WBFSManager35B0.9.zip(日本語変換ファイル)
・Homebrew channel 導入済みのWii本体
・HDD又はフラッシュメモリ・SDカード(ゲームソフトを入れるもの)
 ※ポータブルHDD推奨。(余談ですが私の場合はI・ODATAでは反応が鈍かったのでバッファローのポータブルHDDを使用しています。)

【導入】

1.「WBFS Manager」本体をダウンロードし、PCにインストールしてください。
(インストール時、英語でよく分からないと思いますが左下にレ点を打ちNEXTで進めばOKです。)
「WBFSManager 3.0.1 RTW x86.zip」(本体ファイル)を・・・ダウンロード
2.日本語化ファイルをダウンロード後、解凍してください。
「WBFSManager35B0.9.zip」(日本語変換ファイル)・・・ダウンロード
解凍ソフトがない人はここ(インストールするだけで使えます。)

○使い方

 WBFS Managerのインストールフォルダの言語フォルダが配置されているところに
 解凍してできたjaフォルダを配置してください。

 例)WBFS Manager 3.0をデフォルトインストールした場合の配置

C:\PROGRAM FILES\WBFS
└─WBFS Manager 3.0                (よんでね.txt抜粋)

要はダウンロードした”WBFS”フォルダに”ja”フォルダを入れるだけ。

2010y01m24d_170830498.jpg

【WBFS Manager使い方】

まず始めに、Wiiに使うHDDをWBSF形式でフォーマット
注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!
必ずWiiに使うHDDドライブのアルファベット(例えば C: D: F: など)を確認の上フォーマットしてください。間違ってWiiに使うHDDドライブ以外のドライブを選択してしまうと未曾有の惨劇が訪れますよ(選択したドライブ内のデータが全て消去されるという事)。
HDDによりますが、ほぼこのHDDはWii専用になります。
注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!注意!


下記ドライブを選択後フォーマットを選択します。

2010y01m24d_173030145.jpg


1、PCに保存されているWiiのISO(イメージファイル)の起動

・「ドライブ」選択後「ロード」選択します。

2010y01m24d_183951857.jpg

・次に「参照」からWiiのISOが入っている場所を選択しISOファイルを指定します。

2010y01m24d_185435625.jpg

・すると指定されたISOファイルのパッケージ画像がダウンロードします。
・次に「ドライブに追加」を選択し、保存デバイス(HDDなど)に保存しましょう。

2010y01m24d_185047923.jpg

・それではHDDをWiiに接続し、「USB Loader」からWiiのISOを起動しましょう。

・起動にはUSB Loader GX 日本語版を使用します。
HomebrewChanneからUSB Loader GXすると下記のような画面になるのでパッケージ上でAボタンを押します。(下記画面は設定によりいろいろ変わります。)

SH3E0051.JPG

USB Loader GX導入方法はここ

=====================================================================

・起動後メニューが日本語化されていない場合は画面左下の歯車アイコン→[GUI Settings] → [App language]を選択後一覧から、japaneseを選択し設定をしてください。
・ロック解除する場合は
画面左下の歯車アイコン→使用者の制限を選択
(この画面は日本語版ですが他言語版も同じ配列に並んでいますので参照にして下さい。)

ロック1.jpg

「ロックされています」を選択

ロック2.jpg

ロックナンバーを空白のままOKを選択

ロック3.jpg

解除成功!

2010y01m24d_125319308.jpg

※毎回ロックされるので同様の手順で解除してください。

=====================================================================


2、WiiのソフトをWii本体からバックアップ→起動

【必要なもの】
・USB Loader GXなどのWiiのUSBからデータを読み込めるソフト
USB Loader GX導入方法はここ
・WBSF形式でフォーマットしたデバイス(HDDなど)を接続
・Wiiハックに必要なsystemの入ったSDカード(HomebrewChannelを導入時に出来たSD)を挿入
・正規のWiiソフト

では本題
1、WiiメニューからHomebrewChannel→USB Loader GXを起動します。

2、USB Loader GXが起動したら正規のWiiソフトをWiiに挿入します。

すると下画面

SH3E0047 (2).JPG

インストールを選択で下画面

SH3E0048 (2).JPG

OK選択で下画面

SH3E0049.JPG

下画面でインストール終了

SH3E0050.JPG

ソフトによりますが、だいたい5分ぐらいでインストールできます。パッケージやディスクなどの画像がほしい方は「? No Image」をクリックすると自動判別でダウンロードします。

SH3E0051.JPG

SH3E0052.JPG

2010y01m24d_192540850.jpg

3、バックアップしたISOの起動は直感的にわかると思います。

お疲れさまでした、おしまい

関連記事
「HomebrewChannel」の導入

「WAD Manager」導入方法

USB Loader GXの導入方法

「USB Loader GX」のチャンネル化


posted by hitoshi at 21:41 | Comment(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。